008_1三橋 和「マウイ島ハレアカラ火山の朝日」

 

008_1

 

 
40数年通い続けてたマウイ島に今年はコロナのため行かれず残念な思いを
思いっきりぶつけて描いてみました。コロナが終息しましたらまた行って思いっきり
ゴルフとシュノーケルを楽しみたいです。
朝日の光線を描こうと試みたのですがイメージ通りに描けずあきらめました。


山田みち子コメント
マウイ島ハレアカラ火山の朝日は澄み切った空、広がる大地の中、
最高に素晴らしい眺めではないかと想像してました。
夕日とは異なり、空の色がきれいですね。