教会で祈る幼き乙女の姿をある方をイメージして描いてみました。

NO 01 鉛筆で下絵を描きました。
トレースしたい方は画像を保存してください。

No 02

レイヤー1で鉛筆の見える筆モードで背景を塗りました。
光をイメージする色を重ねました。

No 03 

レイヤー1でこのぐらいまで塗り進めてから消しゴムで鉛
筆線で白く残したいところを消します。

No 04 

レイヤー2を出して、鉛筆線の消える筆モード、あるいはマーカーで
色を重ねて仕上げに進みます。白い線に注意して塗り進めてください。
白い線のどこを残すかはご自分のセンスで判断してくださいませ。

No 05
次にPhotoshop Elements5.0で加工します。
実はPhotoshop Elements2.0のほうがうんとやりやすいのですが、
文句を言いながらPhotoshop Elements5.0でなんとか縦に絵を入れてみました。
だれか簡単な方法を教えてと叫びたいぐらい面倒でしたが、
チャレンジするとまた楽しい作品に出来上がりました。
山田みち子アトリエには優秀な方がたくさんいますのでまた誰かが
素敵なアドバイスをしてくれるのを楽しみに待ってます。

「小さな祈り」はアトリエで2月中に完成させたい絵です
Photoshop Elements5.0での加工は要望する人だけに説明します。
とても面倒ですが、覚えると頭の体操になるかもしれません。

電彩アート  山田みち子アトリエ教材 2008_2_14


Photoshop Elements5.0での加工の質問が多数ありましたので、
もう少し説明します。あとは独自で工夫してみてください。

Photoshop Elements5.0


No01

Photoshop Elements5.0を起動して、加工したい絵を開いてからメニューバーのウインドウから
アートワーク・エフェクトにチェックを入れてください。右端にアートワークのパレットが出ます。

No02

アートワーク・エフェクトの左端のアイコンをクリックするとアートワークの下で
フレームを選択できます。フレームでさらに右側のプロフェッショナルを選んでください。

No03

一番下に切って01が表示されます。それを選択してから適用ボタンをクリックします。



No04
Photoshop Elements5.0では縦の画像がそのままストレートでは行きません。
右上の回転ボタンをクリックすると縦画像が横になり、切手に収まります。



No05
絵を挿入してから、回転させ、サイズを大きくしたりして
よければ○をクリックしてください。

No06
さらにアートワークの背景を選択して、イベントでハートを探し、
適用ボタンをクリックします。

No07
ハートマークが足りないので、シェィプでハートマークを継ぎ足したり、
背景にあったボタンをコピーして貼り付けます。それはお好みでお願いします。



No08

楽しんで完成させました。

Photoshop Elements5.0で加工しました。
使っているうちに楽しくなりました。

何でも使っているうちに慣れてくるものですね。

電彩アート  山田みち子アトリエ教材 2008_2_25