静物を描く練習はまず構図を考えることから始まります。
コップ、果物など身近なものを創造し、配置してみましょう。

No 01 レイヤー1で鉛筆や薄墨筆を利用して下絵を描きます。

No 02 新規レイヤーを出し、レイヤー1の下に置き、全体に色を塗ります。

No 03 暖色と寒色を感あえて塗ります。

No 04 光の方向を考えて、明暗を入れます。
パソコン絵画はレイヤーが使用できるので、
色の重なり、濃淡をあとから楽にできます。

絵を描く手順、方法は様々です。いろんな方法を試し、
自分に合っているやり方を見つけることが大切です。

 

電彩アート 山田みち子