水彩を描く。これってとっても楽しいけれど、難しい!
なぜって? 線で物の形を描くのは至難のワザだから。
手はふるえ、腕は疲れる。
はじめて描く人も、長く続けている人も。

何かいい方法はないのかしら?

そんな悩みを持つ人はみんな試してください。
山田みち子の水彩ぬりえ。
山田みち子の描いた下絵にカラーリング。
つまり、
山田みち子の水彩カラーリング。

山田みち子が描いた下絵にお好きな色で彩色すると
あなた自身の好きな絵に仕上がります。
それは世界に一枚のあなたが仕上げた作品になります。

「幸せを呼ぶ水彩カラーリング」

ぜひお試しください!

まずは一枚、サンプルを見ながらマスターしてください。

(1)まず最初に下絵チュリップのサンプルをご自分のパソコン
に保存してください。(右クリックで名前をつけて保存)

サンプル下絵は高さ520ピクセル、横370ピクセル

(2)水彩ソフトを起動して、上記のチュリップの下絵を開きます。

(3)ここからが特に大切な事です。 しっかり覚えましょう。

「レイヤー1」をクリックしてレイヤーのプロパティを開きます。
表示モード「乗算表示」を選択し、OKします。

(4)新規レイヤーを下記のように表示します。

(5)レイヤーにそれぞれ分かりやすい名前をつけます。

(6)ここでファイル名をつけて保存しておきます。

レイヤー2で背景、レイヤー3で葉っぱ、レイヤー4で花びらを彩色。


レイヤー1の下絵を薄くしたい時、消したい時はレイヤー1を選び、
「指先」で伸ばしたり、「消しゴム」で消したり、透明度を下げたりします。

(7)お好みの色をパレット作り、塗ってみてください。
はみ出してもOK.自由にのびのびとカラーリングを楽しんでください。

(8)カード作り

水彩を起動して、カードを作ります。

サイズは横730 高さ520のキャンバスを表示し、そこに描いた絵を貼り付けします。

色を日常生活に取り入れることは生きる喜び、楽しさにつながります。
山田みち子の下絵をどんどん利用してご自分の好きな色で彩色する。
完成した絵はあなた自身の作品です。様々にご利用ください。

電彩アート 山田みち子

鉛筆下絵をもっと上手に描けるわという人は
どうぞ自分の線で下絵作りをしましょう。
線は描けば描くほど上達します。

彩色したサンプルはあくまで見本。あなたの色に挑戦しましょう。



 幸せを呼ぶ山田みち子水彩塗り絵 水彩カラーリングで楽しさいっぱい!