デジカメの上手な撮影方法
1 愛用のデジカメの操作をきちんとマスターする。
2 控えの充電済み電池を余分に携帯しておく。
3 後でゆっくり選べるよう、旅先では枚数を撮っておく。
4 構図は遠近左右上下など、自分が動いて作る。
5 撮影して、失敗した写真をすぐに削除しない。
6 撮影から帰宅後、パソコンで整理して地名を記入。
7 デジカメ用のソフトを使いこなせるよう、学んでおく。

次に写真から水彩7の作品を作成するときの
キャンバスサイズや切り取り方を説明します。
..............................................................................................................................................................................

お正月に川崎大師に出かけて、写真をとりました。ところがあの人ごみ。
撮影のために停止するのは禁止され、入り口は警官に止められました。
そのために写真をとっても必要ない周囲が入ってしまいました。
さあ、捨てましょうか?いえいえ、せっかくの写真です。利用しましょう。
川崎大師を描こう・・・さあ、スタートです。

No 01 水彩7で原寸サイズの写真を開く

水彩7で写真を開くと画像はかなり大きいです。表示が27%になっています。つまり
縮小されて現在27%のサイズで見えているのです。これをそのまま絵にするわけには
いきません。なぜなら100%で描くのが一番描きやすいからです。
ではどうしたらいいでしょうか?
「オプション」で「キャンバスサイズ」を好みのサイズに設定することができます。
A3 B4 A4 その他、任意サイズを選択できます。
そのとき、「絵を指定のサイズに合わせる」にチェックを入れておいてください。

でも欠点があります。描きたくないところも入ってしまいます。

でも水彩ソフトでトレースしたい人はどうしましょうか?
範囲選択で範囲を選択してから、キャプチャーを使えばOKです。


No 02 Photoshop Elements で画像を加工します。バージョンはいくつでもOK。

No 03 Photoshop Elements で画像解像度を設定 
↓写真はそのままではかなり大きな解像度になります

No 04 Photoshop Elements で画像解像度の変更をすると写真サイズが
小さくなり、メール送付が楽です。メール用は500pixelぐらいが理想。

画像を軽くする方法:
「イメージ」から「サイズ変更」で「画像解像度」をクリックします。
下にある「縦横比を固定」に必ずチェックを入れておいてください。
さらにJPEGで保存するときは圧縮率で調節してください。


No 05_1 Photoshop Elements5.0での簡単切り抜き方法
(1)切り抜きアイコンをクリックします。すると下記の画面が上部に出ます。
(2)下記の画面で大きさを設定します。水彩のA3キャンバスは 幅730×高さ520 pixsel

水彩のキャンバスサイズ
 A3 幅730×高さ520 pixsel  B4 幅630×高さ450 pixsel A4 幅520×高さ370 pixsel

(3)で範囲を囲み、よかったら、で○をクリックします。
×をクリックすると 何度でもやり直しができます。



No 05_2 Photoshop Elements で水彩用キャンバスを作っておき、貼り付ける方法
ピクセル数は水彩のキャンバスに合わせ、前もって作成しておきます。
A3 幅730×高さ520 pixsel
B4 幅630×高さ450 pixsel
A4 幅520×高さ370 pixsel

 「A3サイズのキャンバスサイズ」の新規画像です。


 「B4サイズのキャンバスサイズ」の新規画像です。

No 06  
No 04で縮小した写真を「コピー」し、No 05で作った新規キャンバスに「貼り付け」ます。
No 06_2
移動ツール()でハンドル(□)を表示して回転したり、描きたいところに移動させます。
四隅のハンドル(□)を斜めにすると拡大縮小、さらに回転させることもできます。


No 07 好みの画面表示にしてから、ファイル形式をJPEGで保存します。


水彩で写真をトレースする方法

No 08 水彩7を開きます。
白いキャンバスは出したまま、トレースをクリックします。
「背景となるファイルの選択」という画面が表示されます。


No 09 鉛筆でトレースします。A3キャンバスサイズです。はHBの細めです。
No 10 筆で彩色します。  レイヤー1で空を塗り、レイヤー2で建物を塗りました。

No 11 仕上げ レイヤー3で点景の人物を描く
レイヤー1の鉛筆線を屋根など建物の部分は残し、他の部分は消しました。
レイヤー1は鉛筆線だけにしておくと、透明度を落としたり、消したりできます。
最後にテクスチャーの和紙を施して、レイヤーを合成し、完成させました。

皆様もぜひ写真を上手に利用して、すてきな作品を描いてくださいね