2017年電彩アート毎月の課題作品

白磁で有名なドイツ、マイセンの街はとても美しい。


マイセンの街 黒と茶色で下絵を描く

1 写真

2 彩色



 空から屋根、木々を彩色 窓もていねいに描く

3 彩色

4彩色


マイセンの街は美しく、豊かな風景を持つ。
赤い屋根、手入れされた庭。
どこを歩いても整然とした通りが続く。









絵画のコラム

絵は遠近感を表現するようになって、飛躍的な発展を遂げました。
遠近感と一口にいっても、そこには深いなぞがあります。
構図、色、そして様々な点景の中にひっそりと潜むなぞ。

ここでは空の表情、天を目指すゴシック様式の教会、
そして赤い屋根。緑の木々。

建物の窓も見えないからといい加減に描くのではなく、
すこしていねいに描くことで絵に命が宿ります。

まず遠近感はどうすればいいか?
意識することから始めましょう。



5 完成