009田口 惠子「コスモスとガラス花器」

 

009

 

 
<作者コメント>
だいぶ前のこと、コスモス畑を観たのが長野県でした。
コスモス畑の中から妖精が出てきそうなメルヘンの世界でした。
ガラス製の花瓶と水の透明感の表現が難しくこれからの課題になりそうです。

<山田みち子コメント>
ガラスの透明感、そして水が入っている様子がとても
上手に表現されています。
コスモスも正面の主役だけでなく、
前後の遠近感が優しく表現されています。
きりりとした、気品のある作品です。