2020年 オランダからベルギー、ルクセンブルク、ケルンへ旅。

01 アムステルダムの花市場

 美術館と中央駅の間にあり、冬でも花々がいっぱい。

02 アムステルダム運河めぐり

雨が降っても屋根付きで安心観光。

03 ベルギー・ブリュッセル 小便小僧

 小便小僧は身長55センチメートル。
  約500歳の小便小僧は実は王子様。
  敵の火薬の導火線におしっこをかけ
  街を火災から救った伝説が伝わる。

04 ベルギー・ブルージュ ベギンホフ

 女性の自立を目指した修道院。


05 ベルギー・ブルージュ 愛の湖

 オランダ語では「ミンネウォーター」。
ミンネは共有という意味。それが愛と
誤訳され、そのまま使われたそうです。
今は恋人達が愛をささやく絶好の場所。

06 アントワープ・「フランダースの犬」

ネロと愛犬パトラッシュがアントワープ大聖堂の
ルーベンスの絵画を見たいと目指す童話。
せっかくの歴史的建造物に不似合いの置物。

07 アントワープ・ノートルダム大聖堂

 ゴシック建築の荘厳な教会。
ルーベンスの傑作が数多く飾られている。

08 ベルギー・デュルビュイ

 ヨーロッパ一の小さな町と言われる。
古い歴史ある歩道の両側にはおしゃれな店。

09 ベルギー・デュルビュイ

お肉屋さんをのぞいているブタくんとご一緒に!
散歩している素敵な住民が撮影してくれた私。

10 ベルギー・デュルビュイ

この小さな町がとっても気に入ってしまいました。
天皇陛下と雅子皇后が以前訪問されたそうです。

11 ルクセンブルク:

世界第二、 ヨーロッパ第一のお金持ちの国。
深い谷間を見下ろす風景には感銘を受ける。

12 オランダ・ゴッホの描いたひまわり

花瓶に入ったヒマワリはよく見ましたが、
このヒマワリは始めてでした。

13 ドイツ:ケルン大聖堂

素材が砂岩、そして経年劣化で黒い。
その重厚さと大きさに圧倒される。

14 ベルギー・ブリュッセル 

世界のチョコレートファンが集まるベルギー。
アーケードに並ぶチョコレート店は素敵すぎる。

タリスという列車に乗って一周した旅。
迷いながら、失敗しながら……
でもなんとか目的地にはたどりつき、
やっとのことで無事帰国しました。

今思うと、失敗もまた楽し。
道に迷って、素敵なポリスに
親切に教えて頂いたり……
知らない土地で未知な人に出会う。
これって最高の思い出になります。

2020年 山田みち子