岩手県 桐(きり)
桐と言えば桐ダンス。日本国内でとれる木材としては最も軽い樹木。
湿気を通さず、割れや狂いが少ないとため、高級木材として重宝されてきた
高さは10mほどで、初夏の頃に淡い紫色の花をつけ、野山を華やかにする。
以前は、一家に一本、キリを植えて、腰入れ道具に形を変えた。
桐の花。近くから見るときれいです。