愛知県 杜若(かきつばた)

非常に優れているさま、 いずれ劣らぬ ・ 優劣つけがたい.ときに使う
「いずれ菖蒲か杜若」
あやめも、かきつばたも同じ種類の花で、
どちらも美しい花を咲かせ区別するのが難しいという意味。

知立市八橋が「伊勢物語」で在原業平がカキツバタの歌を詠った場所。
から衣  きつつなれにし つましあれば
はるばる来ぬる  たびをしぞ思ふ( 在原業平)